アルテミス ウイメンズ ホスピタル勤務
産科病棟コンシェルジュ Mさん
アルテミス1

・ 保有資格 : 食学士
・  医療現場は未経験
・  2 歳の息子を持つママ


Q.1 入社したきっかけは何ですか?

ハローワークで紹介されました。コンシェルジュという職業は知っていましたが、入社する前はまさか自分がなるとは思っていませんでした。私は今まで対人サービスの仕事しかしたことがなく、接客が大好きなので向いているかなぁと思います。

 Q.2 コンシェルジュの業務内容を教えてください。

アルテミス ウイメンズ ホスピタルは2014 年2 月に開院したママと子供のための病院です。1 階には外来コンシェルジュがいて、初めて来院された方や健診にいらした方に院内のご案内と各種教室の予約対応をしています。3 階には私たち病棟コンシェルジュがいて、出産後の患者様に手続きのご案内や入院生活のサポートを行い退院までを見届けます。他にも、出産オリエンテーションや病棟見学会の進行、父親学級のサポート、プチマルシェの運営、一時金・手当金の書類預かりなど様々な現場で患者様と接しています。

 Q.3 実際にコンシェルジュという仕事をしていかがですか?

業務が多岐に渡るので事務的な入力作業を覚えるのは大変でしたが、患者様の数だけ要望もあるので接客面ではとてもやりがいがあります。

 Q.4 仕事をする際に大切にしていることは何ですか?

患者様に笑顔で接することです。私は元気が取り柄なのでいつも明るくお声がけしています。パソコンやi Pad の入力作業はミスをするとナースやクラーク、算定スタッフや患者様にも迷惑をかけてしまうので間違いや漏れのないように慎重に行っています。

 Q.5 患者様の要望はどのような物事が多いですか?
・ 暑い、寒い
→  こまめにお部屋に伺います。赤ちゃんに風が当たることを気にされる方も多いので温度や空調を設定します

・ 代わりにリフレクソロジーやお祝い膳、食事の追加予約を入力して欲しい。
→  産後の患者様一人ずつにiPad 端末が貸し出されますが、使い方が分からない方もいらっしゃるのでコンシェルジュの管理端末で代理予約を取ります。

 Q.6 ご自身の出産経験を強みに感じることはありますか?

出産した患者様と同じ目線を持っていることは良いことだと思います。「 私にも 2 歳の息子がいるんですよ」 と自分から心を開いてお話しすると、産後で気を張ってる患者様も心を許してくれます。お部屋などで身体の痛みや心配ごとを伺った時には「 私もそうでした~。つらいですよね ! 些細なことでも私たちやナースさんにお話ししてくださいね 」 と患者様の気持ちに寄り添いつつも、自分の経験を加えてお話することで患者様が親しみを持ってくれます。また、経産婦さんは上のお子さんと私の息子の歳が近いことに親近感を持ってくれるので、ママ友のように接してくださることもあります。

 Q.7 仕事に対して自信はありますか?

正直に言うと自信満々とはとても言えません、入社半年なので日々成長中です(笑)。少しずつですが仕事に慣れてきた部分、積み重ねた接客経験、私自身もママであることが自信を持つきっかけに繋がっていると思います。

 Q.8 今後もっと頑張ろうと思うことは何ですか?

先輩コンシェルジュの仕事に対する姿勢を尊敬しています。患者様に対しても、同僚に対しても、ナースに対しても細かく気を使っていて、みんなが常に気持ちよくスムーズに働けるようにしてくださっているので、その姿を見ていると「 私も目の前の業務以外のことをもっと頑張らなきゃ」 と思います。

 Q.9 Mさんの特技はなんですか?

料理とお菓子作りです。この会社はスタッフの一芸披露の場を設けてもらえるのが魅力で、私の場合は仕事にも活かせています。社内イベントではスタッフとそのご家族の方にクッキーを召し上がっていただいたり、プチマルシェで焼きお菓子を置かせていただけたり、その延長で患者様とのお茶会も開催させていただいていることにとても感謝しています。

 Q.10 自分に自信はありますか?

お菓子作りの面であれば、誰よりも。衛生面と素材の安心安全(国産無添加・オーガニック)を徹底していますし、美味しさには絶対の自信があります。

 Q.11 その自信を持つきっかけはなんでしたか?

プレシャスタイム・プラン(産後の有料サービス)の患者様がお菓子をとても気に入ってくださって、部屋食なのにわざわざ4  階のプチマルシェに買いに来てくださったことです。その患者様には私のキャラクターも気に入っていただけたようで、退院後も健診で来院するたびに私に声をかけてくださり、お子さんが4 人いてママ友のリーダー的存在の方なので毎回お菓子をたくさん買ってくださるんです。私のお菓子のファンになってくださり、クチコミでも美味しさを伝えてくださっていて、本当に嬉しいです。

 Q.12 患者様からの感想はどうですか?
「 お菓子が町のケーキ屋さんよりも断然おいしい 」 と言われることがたびたびあります。全体的に反応が良いので、作る時に思い出すと励みになりますし、やりがいがあります。コンシェルジュをしていると直接感想を聞ける機会が多いので、お菓子作りへの自信に繋がっています。

 

 Q.13 新作はいつ考えて作っていますか?IMG_20150406_143440
休日に出かけた時にひらめくんですよ。春になれば、あぁイチゴの季節だ ! なにか作ってみよう ! って。試作は休日に行います。これはものすごく時間をかけます。バターの分量を変えるだけで半日、納得いくお菓子が出来るまで朝から晩まで作っていることもあります。

※ M さんは生地粉の調合や砂糖の分量計算も一から自分で行い、過去数千回の結果を記録しては日々改良を重ねているそうです。

※ 写真は2015 年春の新作 ・ ノンカフェイン紅茶のマドレーヌ。カフェインの有無を気にされる産前産後のママが安心して食べられるお菓子。紅茶の上品な香りとオーガニックのドライフルーツが味わい深い一品(アルテミス ウイメンズ ホスピタル 4 階のプチマルシェにて販売中)。

 
 Q.14 Mさんはお家に帰るとどのようにすごしていますか?

自宅ではママの役割があるので、家事は溜まらないようにこまめに行っています。夜はその日の家事を必ずやってから寝るように決めています。

 Q.15 家事・育児と仕事、どのように両立させていますか?

ほとんどの日が定時であがれるので、予定が組みやすいです。家事は日々大変ですがメリハリをつけています。育児をしていると息子の成長に日々感動しますし、仕事では患者様の幸せな瞬間に立ち会えます。どちらもやりがいがあって楽しいです。

 Q.16 息子さんの幼稚園の行事など、希望の日に休みはとれていますか?

はい。病棟は土日祝日 ・ 年末年始も関係なく稼働しているので、他部署 ( 外来や事務 ) と違いシフト制なんです。先輩が調整してくださって、同僚スタッフもみんな協力的なので、希望通りの休みを頂いてます。

 Q.17 この会社に入って良かったと思うことはなんですか?

3階病棟で毎日幸せな現場にいさせてもらえること。幸せな瞬間に立ち会えるし、おめでたいことをお裾分けされた気分になれます。アルテミスで働くスタッフ、特に同僚がみんな良い人で助け合うことができます。 プチマルシェ5 月にリニューアルオープンしたプチマルシェ。店番のコンシェルジュは外来患者様にテラスをご案内したり、希望を頂ければ分娩待ちのご家族様にプランやお部屋のご説明を行ったり、富士山や退院患者様の記念撮影などにも対応出来ます。いつでも気軽に声が掛けられる貴重な存在です。