アルテミス ウイメンズ ホスピタル勤務
医事課 病棟算定 
さん
アルテミス1

・ 医療事務職 未経験
・ 常勤職員( 正社員 )
・ 保有資格 : 医療事務


Q.1 入社したきっかけは何ですか?

ハローワークで医療事務の仕事を探していた時に見つけ、2007 年5 月末に入社しました。

 Q.2 医療事務の資格を取得したきっかけはなんですか?

特に算定を目指していたわけでは無いのですが、仕事を休んでいた時期にある日 突然やってみようと思って。それから学校に通って学びました。医療事務の試験は簡単ではなかったです、資料の持ち込みは出来るのですが全て電卓での手計算だったので時間との戦いでした。 私は文系育ちでどちらかと言うと理数は苦手だったので、「算定」の算の字は算 数の算なんだなぁと思うと自分でもなんだか不思議ですね~。

 Q.3 医療現場での勤務経験はありますか ?

ものすごく短期ですが派遣で病棟クラークをしていた事があります。その前は書 店員として働いていました。

 Q.4  医事課チームはどんな人が多いですか ?

仕事に対する姿勢はとてもまじめで一生懸命です。性格的には、協力的でとても良い 人達です。雰囲気で言うとMA とは真逆ですね、コンサバで大人しくて控えめ。 医事課チームは縁の下の力持ちです。

 Q.5  アルテミスには算定が数人いますがどのように役割分担されていますか ?

外来を4 ~ 5 人が担当、入院を 2 名で担当しています。入院は、出産とそれ以外の入院 ( 婦人科や産科管理入院など ) とで分担し、私は出産入院を担当しています。

 Q.6 N さんの一日の業務を教えてください。

基本は患者様(ママとベビー)の入院費の計算です。出産が終わるとカルテを見て一通り算定します。また、退院を翌日に控えた患者様にお渡しする入院費概算書を作成し、請求書、明細書を発行します。月初めになると、出産育児一時金やレセプトの請求業務が加わります。私の業務は何よりも正確性が求められますが、件数も多いのでスピードも重要ですね。また、入院中、退院後の患者様からの問い合わせ対応もしています。時には、退院して何ヶ月か経った患者様からお電話を受けることもあります。出産は年間 1,400 件ほどあり、「 患者様が退院したからといって仕事 が終わるわけではない 」 と考えると少し大変ですね。

 Q.7  繁忙期はいつですか ?

四六時中です ! 出産は37 ~ 41 週目と正確な時期が誰にも読めないのですが、満月が近くなったり嵐や大雨のあとは出産が重なって忙しくなる気 がします。

 Q.8  業務で慎重になるときを教えてください。

・ 出産育児一時金の請求  → 大金なので間違いが許されないため。
・ 日々の請求書発行や概算  → 一人しかいないのでダブルチェックも自分で行います。確認作業は本当に神 経を使っています。

 Q.9 概算を渡された患者様の中には、細かく内訳を知りたいのでお部屋にきて欲 しいと希望される方なども時々いますがどのように対応されていますか ?

まずは患者様が何を知りたいのか、何を言いたいのか、常に患者様の目線を持って分かりやすくするように心がけています。患者様の目の前でひとつひとつ電卓をたたきながら説明することもあります。中には鋭い突っ込みをされる方や、金額に納得されない方もいらっしゃり、そんなときの対応は本当に難しいですが、サービス業の経験を活かし、素っ気ない事務的な対応にならないように努めています。

 Q.10  仕事をする上で大切にしている事はなんですか ?

・ 自分の仕事に責任を持つこと
・ 周りの人との調和
責任を持つのは当たり前の事なので漠然とした答えになってしまいますが、算定 の仕事は特に 「 間違いがあってはならない 」 のでそう思っています。そ して患者様に対してよりよい説明を行いベストを尽くすように、同僚や上司などの立場に立って相手の気持ちを考えます。仕事は決して一人では出来ないので、周りのスタッフのみなさんも大切な存在です。

 Q.11 仕事に対する自信はありますか ?

出産の費用や制度に関しては私の専門分野なので 「 アルテミスで一番携わってい る私に聞いてください 」 と言えます。もちろん日々勉強でもあり、レセ プトは先輩に頼る部分もあるので完璧とまでは言えないけれど、長く経験してきた分そ れなりの自信があります。

 Q.12 自信を持ったきっかけはなんですか ?

数々の症例にあたって学んできたので、自信は日々の積み重ねだと思います。

 Q.13  仕事でくじけそうになる時はありますか ?

昔ほどではないですが、今もあります。出産が多い時にイレギュラーな事が発生 するとどこから手をつければ良いのだろう…と思います。また、算定業務で大 きなミスをしてしまった時に尻ぬぐいをするのがつらいですね。

 Q.14 そんなときに心の支えにしているのはなんですか ?

今までの大変さを思い、「乗り越えてきたんだからいつか終わる ! 」と思うこ とですね。乗り越えた後は自分へのご褒美でお酒やスイーツなどおいしい物を食 べます。

 Q.15 同僚や患者様に言われて嬉しかったことはなんですか ?

患者様からは「親切に説明してくれてありがとう」とお礼を言われることです。 同僚からは「すごい ! 」「仕事が早い ! 」と言われた時です。私が業務を教えた人たちに 「 あのとき言われたことを思い出していつも頑張ってるよ 」 と言ってもら えたことも嬉しかったです。

 Q.16  仕事のオン ・ オフはどのタイミングでしていますか ?

通勤時間が電車で 30 分と長いので、本を読んだり音楽を聴いて切り替えています。

 Q.17 自分に対する自信はありますか ?

自信があることを強いて挙げるとすれば、歌を歌うことですかね。音楽は細々ながら自分がいちばん長く続けてきたことなので、そういう意味で自信があります。合唱の盛んな高校に通いましたし、大人になってからも声楽を学んだり、今もポップスのボーカルを習っています。楽器も子供の頃はピアノを習ったり吹奏楽でトロンボーンを演っていました。音楽はジャンルを問わず大好きです。自分が生き生きしていられること=自信が持てることと思っています。

 Q.18  この会社に入って良かったことはなんですか ?

一番は人との出会い…職場の良い人たちに巡り会えたことです。医療事務の資 格を持っていても他の部署へ配属されるケースが多い中、私は希望通り算定になれましたし、異動することも無く現在まで続けさせて頂いているので、とてもあり がたいなと感じています。応募したタイミングが良かったのかもしれませんが、未経験の新人として入社して時間を掛けて育てて頂いたことが本当に幸せだと思ってます。